ビジネスコンサルティング事業部の目指すべき姿


1.クライアントの利益を最優先します

2.忙しい中でもクライアントと楽しんで仕事を進めます

お客様が真に望むのは「結果」であり、「こうすれば上手くいく」という企画ではありません。

企画だけ、運用代行だけ、ではなく、企画から運用伴走まで、粘り強くご支援いたします。

また、自社を守るための「スコープ」や「アプローチ」の設定は最低限とし、お客様の困りごとに対し、柔軟に対応できるようにご提案させていただいております。

※本提案方式をとるため、サービスの提供先は信頼関係を築けるお客様に限らせていただきます。
何から手をつけたらいいか分からない、というお客様もまずはご相談ください。
手の付け方や取り組み方を、弊社へのご発注を前提としない形で、ご提案いたします。

事例紹介

新機能開発支援

「新しい技術を使って、今まで解決できなかった課題を解決できる機能を作りたい」というお客様のご要望に対し、現状の課題抽出、絞り込みを行い、具体的な機能イメージの作成までご支援いたしました。

新機能開発のような緩いテーマの場合、ステップを切って着実に進めないと、すぐに逆流し、「何を考えていたんだっけ?」という状態になるため、アプローチを設計した上で、「今何を議論しているのか」をブラさずに進めました。
また、新技術を扱う場合、開発難易度を左右する
因子が分かりにくく、知らず知らずのうちに、Too muchな機能としてしまうことが多いため、業務要件の視点から因子の特定を行い、「必要十分な機能はどのラインか?」を擦り合わせながら進めました。

Webサイト運用体制/フロー構築支援

場当たり的な対応となっている運用に対し、体制(機能×工数)を定義し、誰が、何を、どの順番でアウトプットすべきか、を決めました。
  また、あるべき体制/フロー定義に留まらず、実現のために、現場担当者に伴走し、現場実態に合わせたチューニングやイレギュラーへの対策検討を実施しています。

「論理的に正しいことでも、いざ進めようとすると中々上手くいかない」どの企業様も抱えている悩みだと思います。
実際の運用が立ち上がるまでご支援させていただく、弊社のご支援スタイルが最も効果を発揮する例だと思います。